サービスデザイン2009多摩美術大学情報デザイン学科3年次演習「サービスデザイン」の
学内展示(2009年1月8~9日)に向けたブログです

| 参考図書 | ENTRY |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
【授業紹介3】サービスの可視化 16:49
授業内容紹介その3です。
前回紹介した「サービスの観察」でわかったことを、次に「可視化」するという課題に取り組みました。

情報を目にみえるかたちで説明する手法、インフォメーショングラフィックスです。
 (写真:食堂のサービスの観察によるインフォメーショングラフィックスの講評会)

また、この日は現IA職でご活躍されている情報デザイン学科OBのかたもお見えになり、
作品についてのアドバイスや、就職に関する講義をいただきました。
ありがとうございました。

今回このブログでは個々の作品は紹介できませんが、
1月の展示会でインフォメーショングラフィックスの作品も設置する予定なので、よかったら見にいらしてくださいね。


投稿/片山 育美
| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by sd2009 -
スポンサーサイト 16:49
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








フィールドでの観察では、ふつうは発見したことや見出したことなどを文章でまとめ、撮った写真などを加えて「レポート」にするのではないでしょうか。

今回は文章による報告はメモ程度にとどめて、「サービスのインフォグラフィックス」を描くことを課題にしました。学生たちは、インフォグラフィックスを描くことを頭に入れつつ、フィールドワークを行なっています。

「描く」ためには、焦点を絞って、より深く観察することが必要になります。デッサンの経験者ならわかると思いますが、漫然と眺めているだけでは、描くことはできません。描くために見ることで、サービスのいろいろな面が見えてきます。

インフォグラフィックスは視点やテーマを決めて描くため、サービスの全体を表現することはできません。それでも、各グループが様々な視点で描いたインフォグラフィックスをすべて並べると、学食のサービスの全体像がなんとなく「見えて」きました。
posted by よしはし | 2009/12/30 1:13 AM |
posted by よしはし | 2009/12/30 1:17 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sd2009.jugem.jp/trackback/6
<< NEW | TOP | OLD>>