サービスデザイン2009多摩美術大学情報デザイン学科3年次演習「サービスデザイン」の
学内展示(2009年1月8~9日)に向けたブログです

| 参考図書 | ENTRY |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
【授業紹介2】サービスの観察 16:41
こんにちわ、片山です。

授業内容紹介その2です。
今回は、食堂の観察をした時の授業について。

この授業での課題は、サービスをデザインするためにサービスを観察し、
サービスのしくみや構成要素を理解するというものでした。


【食堂というサービスを観察する】
グループに別れて、多摩美内の学食を観察しました。
見る、聞く、写真を撮る、体験する、など。
 (写真:多摩美東学食堂のおいしい日替わり丼)

観察する対象は、料理やものなどのオブジェクトに限らず、
環境や、サービスのプロセス、提供者の様子、その他気づいたことなど様々です。
フィールドワークと呼ばれる活動ですね。

(写真:多摩美の学食の1つ、東学食堂)
サービスのしくみとして、デザインの対象である環境やモノや人を総合的に(またはそれらの一部分を)デザインするのがこのサービスデザインという授業でした。


投稿/片山育美

| - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by sd2009 -
スポンサーサイト 16:41
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








授業の担当教員・吉橋です。追加の説明や補足などをコメントしていきます。(^^)

今回の授業でデザインの対象とした「サービス」は、目に見えない部分が多く、何をデザインするのか把握することが難しいものです。
はじめに、見えないものを「見えるようになる」ためのプロセスとして、日ごろ利用している学生食堂(学食)の「サービス」を観察する課題を行いました。
サービスを構成する4つの要素ー「環境」「オブジェクト」「人」「プロセス」(注)ーに、新たに「感情」を加えて、この5つの観点から食堂のサービスを観察しました。
注:「インタラクションデザインの教科書」Dan Saffer著 より。
posted by よしはし | 2009/12/30 12:41 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sd2009.jugem.jp/trackback/5
<< NEW | TOP | OLD>>